• 本

『さいごの本やさん』の長い長い終わり むすぶと本。

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-736182-9
4-04-736182-8
税込価格 1,430円
頁数・縦 282P 19cm

商品内容

要旨

店主の急死により、閉店フェアをすることになった幸本書店。そこに現れたのは、故人の遺言により幸本書店のすべての本を任されたという都会から来た高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるという。その力で、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆく。いくつもの懐かしい出会いは、やがて亡くなった店主・幸本笑門の死の真相へも繋がってゆく―。“本の味方!”榎本むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー。

おすすめコメント

街の“最後の書店”で起こった、かけがえのない出会いと小さな奇跡の物語店主が亡くなり閉店フェアをやることになった幸本書店。そこに現れたのは、幸本書店の本を任されたという高校生・榎木むすぶ。しかも彼は本の声が聞こえるらしく――最後の本やさんで起こった出会いと奇跡の物語。

著者紹介

野村 美月 (ノムラ ミズキ)  
福島出身。幼い頃より「物語」を作るのが好きで、作家を目指す。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)