• 本

頭がいい人のモノの言い方 デキる!と思われる45のフレーズ

出版社名 きずな出版
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-86663-114-1
4-86663-114-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 205P 19cm

商品内容

要旨

「論理的思考力」「説明力」「発想力」がすべて身につく。

目次

第1章 語感を和らげて提案する(これまでのやり方を改善したいときは…「アップデートすると」
思い切ったことを提案したいときは…「暫定的な措置として」 ほか)
第2章 抽象と具象のバランスをとる(気がかりなことを伝えたいときは…「懸念材料としては」
トラブルの原因がわからないときは…「この問題の本質は」 ほか)
第3章 さまざまな「視点」でモノを見る(アイデアを端的に伝えるときは…「コンセプトは」
考えが行き詰まったときは…「一度、更地にしてみると」 ほか)
第4章 「事実」と「意見」を区別する(相手を動かしたいときは…「なぜかと言いますと」
話を最後まで聞いてもらいたいときは…「大づかみに言うと」 ほか)
第5章 「本音」と「根拠」を織り交ぜる(相手の心を開きたいときは…「ありていに言えば」
自分の意見を通したいときは…「代替案としては」 ほか)

著者紹介

齋藤 孝 (サイトウ タカシ)  
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー著作家、文化人として多くのメディアに登場。著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社文庫、毎日出版文化賞特別賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)