• 本

戦国時代ミステリー

王様文庫 A88−15

出版社名 三笠書房
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-8379-6937-2
4-8379-6937-2
税込価格 748円
頁数・縦 221P 15cm

商品内容

要旨

“史実”だけでは「戦国」を語れない!歴史が大きく動くような出来事が起こったとき、同時に「知られざるドラマ」も生まれる。激動の戦国時代では、次々と勢力図が変わるなかで、数々の謎、奇談、伝説が語られてきた。こうした戦国時代のミステリーから、「もうひとつの真実」が浮かび上がってくるのだ。

目次

第1章 群雄割拠の時代 「歴史の分岐点」で生まれた謎(しっかり者の将軍正室が「稀代の悪女」と呼ばれるまで
焼け野原の京都で天皇家はいかにして生き延びたのか?
下剋上の象徴“北条早雲”の素性とは? ほか)
第2章 織田信長時代 常識がくつがえる「意外な真実」(恩人を悪役へと仕立てた徳川家康の「罪悪感」
天下統一なんてしたくない!?今川義元の「意外と小さな野望」
織田信長は正面攻撃で桶狭間の戦いに勝利していた!? ほか)
第3章 天下統一期 史実に埋もれた「知られざるドラマ」(明らかになった歴史改変の事実!筒井順慶にまつわる嘘
まさかの真実?明智光秀の天海転身説
賎ヶ岳の戦いで活躍したのは七本槍ではなく九本槍だった! ほか)

出版社・メーカーコメント

裏切りの「真相」、大番狂わせの「裏側」、名武将たちの「死因」――「歴史の分岐点」はまだまだあった!《謀反》毛利元就「主君の仇」の裏に隠された真実《合戦》川中島の戦い――信玄vs謙信の一騎打ち伝説の真相《自害》天下一の茶人・千利休はなぜ切腹させられたのか?《暗殺》実の母親に殺されかけた伊達政宗《下剋上》親子二代で成り上がった斎藤道三の“国盗りの謎”歴史が大きく動くような出来事が起こったとき、同時に「知られざるドラマ」も生まれる。激動の戦国時代では、次々と勢力図が変わるなかで、数々の謎、奇談、伝説が語られてきた。こうした戦国時代のミステリーから、「もうひとつの真実」が浮かび上がってくるのだ。