• 本

私たちが震えた少女ホラー漫画

出版社名 辰巳出版
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7778-2521-9
4-7778-2521-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

単行本未収録トラウマホラー完全再録。

目次

ホラーワールド原画館’70〜’00
篠原千絵―「海の闇、月の影」流水“悪の理由”
あしべゆうほ―「悪魔の花嫁」人間の憎悪は恐ろしい!
きたがわ翔の「これは怖い…」少女ホラー漫画
少女ホラー漫画表紙コレクション
『花とゆめ』が原点だった?!ゴシック・ホラー少女漫画―ゴシックギャラリー
三原順「祈りの鐘がひびくとも…」
忠津陽子「ロザリンドの肖像」試し読み
美しい少女たちの心の裏側を描いたわたなべまさこの「怪奇」「黒天使シンセラ」試し読み
ささやななえ「たたらの辻に…」
今市子「百鬼夜行抄」
吉川うたた「すっくと狐」
まつざきあけみインタビュー―「ホラーの味」耽美で緻密な絵と心の闇
オカルトは洋館がお似合い 曽祢まさこ・ホラー漫画のキーワード
イケスミチエコのホラーの世界―「黒髪狩り」
関よしみ ザ・パニック!!―「魔少女転生」「血を吸う教室」「血染めの美学」「愛の墓標」
ホラー漫画家座談会―ホラー漫画とは何だ! 有田景×きもとのりこ×白井幸子
インタビュー かずはしとも
釘書房・緑の五寸釘が選ぶ昭和〜平成極上トラウマホラー傑作
釘書房緑の五寸釘単行本未収録Selection3(ホラー漫画の女王降臨!―犬木加奈子インタビュー
犬木加奈子「三途の川」
葉月シモン「一枚の絵」
石上愛実「シャボン玉幸子さん」
石上愛実インタビュー)

おすすめコメント

数多くの名作が生まれた80年代を軸に、ホラーマンガの世界を振り返る!多くのファンを持つ女性向けホラーマンガ。特に、80年代はホラーマンガ隆盛の時代であり、「惨劇館」(犬木加奈子)「富江」(伊藤潤二)など多くの傑作が生まれた時代でもありました。女性向けホラーマンガは、最初は『なかよし』『少女フレンド』などで発表されていましたが、80年代に入ると『ハロウィン』を皮切りにホラーやミステリー専門の少女マンガ誌が登場し、大ブームとなります。本書では、当時ホラーマンガに夢中になった女性たちに向け、80年代を中心にしつつ、70年代・90年代も含んだホラーマンガの名作を紹介していきます。【主な予定内容】●釘書房が選びトラウマホラー漫画●トラウマ原画展●『なかよし』から『ハロウィン』、『少女フレンド』『ボニータ』『サスペリア』など80〜90年代ホラー全盛時代を振り返る!●ホラー漫画家座談会●あの漫画家の意外なホラー作品●ホラーファン座談会ほか