• 本

肉食の哲学

出版社名 左右社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-86528-279-5
4-86528-279-3
税込価格 2,420円
頁数・縦 170P 20cm

商品内容

要旨

肉食は我々の義務である。ビーガンの心がけは立派だ。だがその道は地獄に続いている。食うことの本質に迫る挑発的エッセイ。

目次

第1章 口の愉しみ アミューズ―倫理的ベジタリアンをどのように捉えるか
第2章 オードブル―ベジタリアン実践小史
第3章 一皿目のメインディッシュ―倫理的ベジタリアンに「ならない」ことの、いくつかの(正しい)理由
第4章 二皿目のメインディッシュ―肉食者の倫理
第5章 デザートに代えて

著者紹介

レステル,ドミニク (レステル,ドミニク)   Lestel,Dominique
1961年生まれ。哲学者、動物行動学者。動物行動学を起点に人間と動物や機械の関係について論じている
大辻 都 (オオツジ ミヤコ)  
1962年東京生まれ。フランス語圏文学。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。博士(学術)。京都芸術大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)