• 本

地図で読み解く小田急沿線

出版社名 三才ブックス
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-86673-202-2
4-86673-202-4
税込価格 1,870円
頁数・縦 159P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ワクワクする地形と歴史。小田急電鉄の軌跡を地図を通してたどる。

目次

1 小田急全線編(新宿〜小田原間を一気に開業 近年は複々線化工事が完了
小田急の代名詞となった進化し続けるロマンスカー ほか)
2 小田原線(新宿〜玉川学園前)編(小田急線の始発の駅は永田町に置く予定だった?―新宿駅
戦後の駅西口大規模開発が新宿を日本一のターミナルへ―新宿駅 ほか)
3 小田原線(町田〜小田原)編(都市計画による駅の移動で町田駅は一大商業地へ変貌―町田駅
軍事施設建設で相模大野は信号所から拠点駅へと発展―相模大野駅小田急相模原駅 ほか)
4 江ノ島線編(3つの「林間都市」駅と昭和初期の一大都市計画―東林間駅・中央林間駅・南林間駅
厚木ではないのに「厚木基地」なのはなぜ?―鶴間駅・大和駅 ほか)
5 多摩線・箱根登山線編(「栗木」と「片平」を合成 栗平に予定された待避駅―五月台駅・栗平駅・黒川駅
小田急で最も新しい駅は環境に優しいエコデザイン―はるひ野駅 ほか)

著者紹介

岡田 直 (オカダ ナオシ)  
横浜都市発展記念館・主任調査研究員(学芸員)。1967年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。専門は人文地理学。書籍編集者を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)