• 本

生き抜くための12のルール 人生というカオスのための解毒剤

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-02-251692-3
4-02-251692-5
税込価格 2,970円
頁数・縦 467,15P 22cm

商品内容

要旨

YouTube、1億4500万視聴の心理学者が贈る、残酷なこの世界をタフに生き抜くために絶対知っておくべき人生のビジョン。

目次

背筋を伸ばして、胸を張れ
「助けるべき他者」として自分自身を扱う
あなたの最善を願う人と友達になりなさい
自分を今日の誰かではなく、昨日の自分と比べなさい
疎ましい行動はわが子にさせない
世界を批判する前に家のなかの秩序を正す
その場しのぎの利益ではなく、意義深いことを追求する
真実を語ろう。少なくても嘘はつかないことだ
あなたが知らないことを相手は知っているかもしれないと考えて耳を傾ける
正直に、そして正確に話す
スケートボードをしている子どもの邪魔をしてはいけない
道で猫に出会ったときは、撫でてやろう

おすすめコメント

トロント大学心理学研究者による、人生における12の処世術を著した大ベストセラー。ソクラテス、ニーチェなど偉大な哲学者、心理学者たちの言葉を引用しつつ、現実世界の残酷さに対処すべく、具体的な人生のあるべきふるまいを読者に手厳しく教示する。著者のジョーダン・ピーターソンの講義は、You Tubeで累計3500万回を超え、「心理学のロックスター」と呼ばれる人気ぶりだ。

著者紹介

ピーターソン,ジョーダン (ピーターソン,ジョーダン)   Peterson,Jordan
カナダ・アルバータ州北部の極寒の荒地で育ち、強靭な心を養った。あるときはカーボンファイバー製のスタント用飛行機でハンマーヘッドなどの曲技に挑み、またあるときは宇宙飛行士とともに米アリゾナの隕石クレーターを探検。カナダの先住民であるクワクワカワク族に招かれてオリジナルネームをもらった縁から、トロントの自宅の上階には同部族の儀式用の大広間をしつらえてある。弁護士、医師、ビジネスパーソンに神話を講釈し、国連事務総長の助言役を務める一方、鬱病、強迫性障害、不安症、統合失調症その他の臨床治療にあたり、大手法律事務所のシニアパートナーのアドバイザーとしても活躍し、北米やヨーロッパで広く講演を行っている。ハーバード大学およびトロント大学の学生や同僚とともにこれまで100以上の学術論文を発表し、パーソナリティに関する現代人の理解を大きく変えた。また、著書『Maps of Meaning:The Architecture of Belief』は宗教心理学に革命をもたらした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)