• 本

相模原障害者殺傷事件

朝日文庫 あ60−4

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-02-262011-8
4-02-262011-0
税込価格 836円
頁数・縦 373P 15cm

商品内容

要旨

「クラスのリーダー的存在」「明るく社交的」―。2020年1月から計17回にわたって行われた裁判での証言や供述調書、記者との面会や関係者への独自取材で浮かび上がった、植松聖死刑囚の生い立ちや人物像とは?45人の死傷者を出した平成最悪の事件の真相に迫る。

目次

第1章 起源(小学校時代の作文
「クラスでリーダー的存在」 ほか)
第2章 面会(2017年2月28日(津久井警察署)
2018年10月4日(横浜拘置支所) ほか)
第3章 裁判(2020年1月8日 第1回公判
2020年1月10日 第2回公判 ほか)
第4章 判決(2020年3月2日(横浜拘置支所)
2020年3月11日(横浜拘置支所) ほか)
巻末資料(被告人質問の一問一答(抜粋)
判決)

おすすめコメント

2016年7月に神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件。死傷者45人を出した平成最悪の事件はなぜ起きたのか。20年1月から始まり、3月に死刑判決が言い渡され確定した裁判で明らかとなる、加害者の実像に迫る。