• 本

司馬遼太郎の街道 1

東京編

朝日文庫 し3−15

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-02-264962-1
4-02-264962-3
税込価格 792円
頁数・縦 310P 図版24P 15cm
シリーズ名 司馬遼太郎の街道

商品内容

要旨

25年にわたり国内外を旅した『街道をゆく』。勝海舟が暮らし、高橋是清が兇弾に倒れた「赤坂」、隅田川と落語で江戸っ子気分の「本所深川」、司馬さんを支えた本の街の心臓部「神田」、夏目漱石と森〓外が歩いた「本郷」など。週刊朝日連載をもとに、地域別に編纂し文庫化。

目次

幕末維新の終焉 「赤坂散歩」の世界
隅田川と落語 「本所深川散歩」の世界
対談再録 「落語から見た上方と江戸」
本の町の心臓部 「神田界隈」の世界
漱石と〓外の「本郷界隈」の世界
講演再録 「漱石の悲しみ」
「ハイカラさん」の時代 「横浜散歩」の世界
頼朝から昭和海軍へ 「三浦半島記」の世界
インタビュー 私と司馬さん

おすすめコメント

国内外を旅した、司馬遼太郎のライフワーク『街道をゆく』。週刊朝日の好評連載をもとに、そのエッセンス、旅の楽しみ方を文庫3冊に凝縮! 東京編では、幕末の終焉「赤坂散歩」、隅田川と落語「本所深川散歩」、漱石と神保町「神田界隈」など収録。