• 本

すみなれたからだで

河出文庫 く16−3

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-309-41759-2
4-309-41759-0
税込価格 748円
頁数・縦 263P 15cm

商品内容

要旨

よく晴れた冬の日、わたしは父を施設へ入居させることを決めた。厳格な祖母が仕切る家で、母の出奔後もひっそりと生きたかつての父。そして今、自分の人生を選び取ることで夫とすれ違いを深めていくわたし。生きるということは、二人の男を棄てることなのだろうか…。手探りで生きる人々の人生に寄り添い描いた作品集。文庫版にあたり、短篇「夜と粥」を増補。

おすすめコメント

父が、男が、女が、猫が突然、姿を消した。けれど、本当にいなくなってしまったのは「私」なのではないか……。生きることの痛みと輝きを凝視する珠玉の短篇集に新たな作品を加え、待望の文庫化。

著者紹介

窪 美澄 (クボ ミスミ)  
1965年、東京都生まれ。2009年「ミクマリ」で女による女のためのR‐18文学賞大賞を受賞してデビュー。受賞作を所収した『ふがいない僕は空を見た』で山本周五郎賞、『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞、『トリニティ』で織田作之助賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)