• 本

中国はなぜ、何があっても謝れないのか

SB新書 512

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-8156-0655-8
4-8156-0655-2
税込価格 946円
頁数・縦 204P 18cm

商品内容

要旨

世界中に多大なる犠牲をもたらした「新型コロナウイルス」。昨年末の段階では、中国の一疫病にすぎなかったこの病は瞬く間に拡散し、全世界を恐怖に陥れた。このウイルスに対する、中国の一連の対応に世界中から責任追及を求める声が高まっている。にもかかわらず彼らはなぜ、一向に自分の非を認めず、謝罪しないのか?中国人には決して言えない、情報隠蔽国家の正体!

目次

第1章 中国はなぜ、新型肺炎について謝罪しないのか
第2章 中国ではなぜ、「本当のこと」を言ってはいけないのか
第3章 民主国家の常識が通用しない独裁国家
第4章 知られざる中国最高指導者の系譜
第5章 日本人にはわからない中国国民の真意
第6章 習近平体制が終わる日

おすすめコメント

中国人には口が裂けても言えない中国の真実なぜ、武漢の街は一瞬で封鎖されたのか?反日教育、言論弾圧、愚民化政策、拷問、洗脳、汚職……中国国籍を捨て、日本人となった外交評論家が、命がけで明かす、習近平体制の独裁国家・中国の真実。

著者紹介

石 平 (セキ ヘイ)  
評論家。1962年、中国四川省成都市生まれ。80年、北京大学哲学部に入学後、中国民主化運動に傾倒。84年、同大学を卒業後、四川大学講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年より執筆活動に入り、07年に日本国籍を取得。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)