• 本

明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-12-005320-7
4-12-005320-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 230P 20cm

商品内容

要旨

女性が医師免許の試験を受けられなかった時代―。その門戸をこじ開け、無償で妊産婦の命を救った女医がいた。

目次

第1章 父の遺言を胸に(二四歳の門出
小石川での生活 ほか)
第2章 女医誕生までの道(紅杏塾の友
津久井磯子のもと、産婆として ほか)
第3章 済生学舎での日々(直談判の末の入学
瑞と久野 ほか)
第4章 新天地へ(下宿の主人マリー
喀血、帰国の途につく ほか)
第5章 お産で失われる命を救う(女医亡国論と本多銓子
五分刈りに二重マント ほか)

おすすめコメント

明治23年(1890)、神戸港を出航したドイツ汽船に乗っていた唯一の日本人女性、高橋瑞。ドイツへの女子留学生、それも私費で渡ったのは瑞が最初だった――。 瑞は女学生として初めて済世学舎に学んだ後、2年間の医学実習を終え、明治20年(1887)、公許女医第三号として医籍登録し、翌年、日本橋に「高橋医院」を開く。36歳だった。医院は繁盛したが、1年半後、「もっと産婦人科学を究めたい」とドイツへの留学を決める。女には大学で研究する道が閉ざされていたため、外国へ行くしか方法がなかったのだ……。ドラマチックな高橋瑞の人生とともに、瑞が出逢い、見送った無名の女たちの運命、また、女医誕生への門戸を開いた仲間たちとの友情も感動的である。

著者紹介

田中 ひかる (タナカ ヒカル)  
1970年東京都生まれ。学習院大学法学部卒業。専修大学大学院文学研究科修士課程にて歴史学を、横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程にて社会学を専攻。博士(学術)。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)