• 本

うちの社食がマズくて困ってます 総務部推進課霧島梓の挑戦

富士見L文庫 く−3−2−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-04-073724-9
4-04-073724-5
税込価格 682円
頁数・縦 268P 15cm

商品内容

要旨

“契約社員は、地下の片隅の小部屋で昼食を取るべし”そんな逆境に耐えかね、転職を果たしたOL・梓。配属先は憧れの営業部、これで素敵な社食ライフにありつけると胸踊らせていたが、肝心の社食が「マズすぎる」。しかも不運は続き「働き方改革推進課」へ異動となってしまった。営業部のエース・由良曰く、推進課は“仕事の手を抜く天才集団”。推進課の管轄なら、美味しい社食は一生無理とバカにされてしまう。売り言葉に買い言葉、梓は本来の業務はもちろん、自分が社食を立て直すと断言してしまい―!?

おすすめコメント

美味しい社食のため、粉骨砕身働きます! 大逆転を目指すお仕事小説!OL・梓は素敵な社食に憧れ転職。いざ実食! が、社食がマズい……。しかも入社早々「働かない部署」と噂の「働き方改革推進課」へ異動となってしまう。しかし梓は社食への夢を諦めきれず、ある野望を抱くが――?

著者紹介

黒崎 蒼 (クロサキ アオ)  
第1回富士見ノベル大賞にて『一生夢で食わせていきますが、なにか。』にて入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)