• 本

対岸のヴェネツィア

集英社文庫 う25−4

出版社名 集英社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-08-744138-3
4-08-744138-5
税込価格 616円
頁数・縦 206P 16cm

商品内容

要旨

ミラノからヴェネツィアに移り住んだ著者が出会った音楽と猫が好きな老人。彼から招待されて行ってみると(「所詮、ジュデッカ」)。風を読む島の女性たち(「女であるということ」)。千年分の公文書を電子化する研究者たちが目指す先(「紙の海」)。閉ざされたゴンドラ乗りの世界に挑む異郷の女性に立ちはだかる壁(「ゴンドラ」)。世界が憧れる街の日常を描き、住民を通して幻都の表裏を切り取る随筆。

目次

雨に降られて、美術館
所詮、ジュデッカ
コンサートに誘われて
セレニッシマ隠やかな、そして穏やかな
陸に上がった船乗り
エデンの園
土の抱えるもの
紙の海
読むために生まれてきた
揺れる眼差し
女であるということ
ゴンドラ

著者紹介

内田 洋子 (ウチダ ヨウコ)  
1959年、兵庫県生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノアソシエイツ代表。欧州と日本間でマスメディア向け情報を配信。2011年、『ジーノの家 イタリア10景』で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞を同時受賞。2019年、日伊両国に関する報道の業績を評価され「ウンベルト・アニェッリ記念 ジャーナリスト賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)