• 本

日本のコロナ致死率は、なぜ欧米よりも圧倒的に低いのか?

出版社名 宝島社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-299-00713-1
4-299-00713-1
税込価格 1,210円
頁数・縦 251P 18cm

商品内容

要旨

PCR検査数が欧米に比べて圧倒的に少ない日本。しかし、10万人あたりの死亡率はアメリカに比べて50分の1。なぜ、そんなに低いのか?各専門家に徹底取材し、欧米で死亡者数が増えた理由も解明!

目次

第1章 なぜ、日本人に死亡者が少ないのか?(変異したウイルスは大別して3種類 日本のウイルスは弱毒性だった!?
日本株でのBCGワクチン接種が重症化を防いでいる!?
実は喫煙が新型コロナウイルスを退治していたという仰天仮説を検証する! ほか)
第2章 日本と違って、なぜ、欧米は感染爆発したのか(マスク禁止の州もあった 死亡者11万人超えのアメリカ
プーチン大統領の支持率が過去最低に 医師の自殺もあったロシアのコロナ禍
押し寄せる感染者で医療崩壊が起きた欧州の激震地イタリア ほか)
第3章 死者の多い国、少ない国の本当の理由(新たな感染者が続出!?第二波に襲われる中国と韓国のいま
なぜ台湾とニュージーランドは封じ込めに成功したのか
全土ですでに感染者は10万人以上 感染爆発におびえるアフリカの国々 ほか)

出版社・メーカーコメント

新型コロナで日本人の死者の数はかなり抑えられる方向性が見えてきました。しかし、多くの国では死者が1000人単位どころか、1万人単位です。では、なぜ、日本人の死者が少ないのでしょうか。原因は、各国によって違います。イタリアでは医療崩壊、アメリカでは保険制度の問題と貧困層の経済状態などなど、いろいろあります。そこで、「なぜ、日本人の死者が少ないか」を切り口に、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、アジア、アフリカ、南米まで広く取材。各国の事情通がレポートします。