• 本

靖国神社の緑の隊長

出版社名 幻冬舎
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-344-03641-3
4-344-03641-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 213P 18cm

商品内容

要旨

あの悲惨な戦争のさなかで、こんなにも立派に生きた日本人がいた。終戦75回目の夏にどうしても次の世代に語り継ぎたい8人の将校・兵士の物語。

目次

大江季雄少尉―戦場の棒高とびオリンピック選手
小尾靖夫少尉―ガダルカナルで生きのびた連隊旗手
北本正路少尉―ニューギニア山中の駅伝ヒーロー
加藤徳之助軍曹―南の島に雪を降らせた男
松木外雄一等水兵ほか―漂流二十七日の死闘
川崎渉少尉ほか―三度もどってきた特攻隊員
今村均大将―国破れて名将ありといわれたひと
吉松喜三大佐―靖国神社の緑の隊長

おすすめコメント

あの悲惨な戦争のさなかで、こんなにも立派に生きた日本人がいた。終戦75回目の夏にどうしても次の世代に語り継ぎたい8人の将校・兵士の物語 太平洋戦争の敗戦から75年。歴史に学び、犠牲者を悼み、平和な社会を守り続けるにはどうしたらいいのか。それは、過酷な戦場で兵士たちがいかに懸命に戦い、無念のうちに散っていったのかを記憶することだと半藤氏は言う。かつて半藤氏が自ら取材し、貴重な証言とエピソードを掘り起こした多くの将校・兵士のなかから、「どうしても次の世代に語り継ぎたい」8人を厳選。昭和史や戦史に詳しくない人にも読みやすい文章で綴った、珠玉の太平洋戦争・人物伝。(目次)戦場の棒高とびオリンピック選手――大江季雄少尉ガダルカナルを生きのびた連隊旗手――小尾靖夫少尉ニューギニア山中の駅伝ヒーロー――北本正路少尉南の島に雪を降らせた男――加藤徳之助軍曹漂流二十七日の死闘――松木外雄一等水兵ほか三度もどってきた特攻隊員――川崎渉少尉ほか国破れて名将ありといわれたひと――今村均大将靖国神社の緑の隊長――吉松喜三大佐

著者紹介

半藤 一利 (ハンドウ カズトシ)  
1930年、東京・向島生まれ。新潟県立長岡中学校(現・長岡高校)卒業。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。『週刊文春』『文藝春秋』編集長、専務取締役などを経て作家に。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。『漱石先生ぞな、もし』(正続、文春文庫新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(文春文庫山本七平賞)など広範囲の著書多数。『昭和史1926‐1945』『昭和史戦後篇1945‐1989』(ともに平凡社ライブラリー)で毎日出版文化賞特別賞、2015年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)