• 本

スピンクの笑顔

講談社文庫 ま46−16

出版社名 講談社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-06-519738-7
4-06-519738-4
税込価格 990円
頁数・縦 445P 15cm

商品内容

要旨

生後四ヵ月で保護された、プードルのスピンクが、小説家の主人・ポチの家にやってきて十年。別れは突然、訪れた―。車での旅に心を躍らせ、待てコンテストでは痒みと戦い、禁酒に苦しむポチを見守る。どんなときも笑顔だったスピンクが、ポチや家族と過ごした幸福な時間。大人気エッセイシリーズ、最終巻。

目次

ポチと私の春の見果てぬ夢
夢の続きの夢の果てにて
泉蛸玲〓先生の御著作
スピンク先生のお教え
夏の終わりの梅の園
犬の秋、人の秋。人生の秋。
希望の徴候
私たちの東の旅 1
私たちの東の旅 2
私たちの東の旅 3
私たちの東の旅 4
私たちの東の旅 5
私たちの東の旅 6
私たちの東の旅 最終
ポチの変調をシードらと案ず
シードの見解
吉岡塵美氏来訪
目利部氏の企み・酒宴
天啓。賠償。そして拳酒。
シードの親切・吉岡氏の提言
シードの親切 2
深夜、四人が吠える
ポチになにがあったのか
ポチ、乱舞。
職務質問されました。
ポチの内心と再交渉
ポチの誓い
信仰か狂気か。
いまなぜ月見うどんなのか/ポチの悟り
私たち喜びに溢れて
人の情けに犬の牙
犬の名前と人の名前/ポチの苦しみ
犬の掟とその限界について
犬の最高法規とその学習について
私たちの日々
成熟と純粋。ポチの凝ったもの
バンドと犬ぞりの共通点/作詞の実際
作詞問答・石碑と和食/すべては夢のなかの
練習とはなにか/問われない幸福
家の中が静かです。

出版社・メーカーコメント

生後四ヵ月で保護されたプードルのスピンクが、小説家の主人・ポチの家にやってきて十年。別れは突然に訪れた。ポチとスピンクの楽しく幸福な時間を描きつづけた大人気シリーズ最終巻。

著者紹介

町田 康 (マチダ コウ)  
作家・パンク歌手。1962年大阪府生まれ。高校時代からバンド活動を始め、伝説的なパンクバンド「INU」を結成、’81年に『メシ喰うな!』でレコードデビュー。’92年に処女詩集『供花』刊行。’96年に発表した処女小説「くっすん大黒」で野間文芸新人賞、ドゥマゴ文学賞を受賞。2000年「きれぎれ」で芥川賞、’01年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、’02年『権現の踊り子』で川端康成文学賞、’05年『告白』で谷崎潤一郎賞、’08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)