• 本

戦争の歌がきこえる

出版社名 柏書房
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7601-5249-0
4-7601-5249-0
税込価格 1,870円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

「僕は日本兵を殺した」アメリカのホスピスで見届けたのは、第二次世界大戦を生き抜いた人たちの最期だった。日本人が知らない「もうひとつの戦争」の記憶。

目次

第1部 太平洋戦争(良い戦争という幻想―「僕は日本兵を殺した」
記憶の中で生きる―「忘れないでくれ」
原爆開発にかかわった人―「誇りには思っていない」)
第2部 欧州戦線(アメリカの理想と現実―「僕たちは、なんのために戦っているのか」
女たちの戦争―「経験して初めてわかること」
ホロコーストの記憶―「ナチスが来る!」)
第3部 忘却と記憶(祖父が語らなかったこと
忘れられた中国人たち)
エピローグ その記憶は、私たちが自己満足と戦うことを可能にする

出版社・メーカーコメント

「僕は日本兵を殺した」私か?アメリカのホスヒ?スて?見届けたのは、第二次世界大戦を生き抜いた人たちの最期だった。思い出の音楽とともによみがえってきたのは、語られずにいた数々の証言。「マンハッタン計画にかかわっていたんだ」男は涙ながらに告白し、「彼らが来る!ナチスが来る!!」女は恐怖に囚われつづけた――。これは、ひとりの音楽療法士が記録した、日本人の知らない「もうひとつの戦争の記憶」であり、「戦争」の比喩か?不気味に飛ひ?交う現代日本において、トランスナショナルに平和の意味を考えるための一冊である。

著者紹介

佐藤 由美子 (サトウ ユミコ)  
ホスピス緩和ケアの音楽療法を専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州のホスピスで10年間音楽療法を実践。2013年に帰国し、国内の緩和ケア病棟や在宅医療の現場で音楽療法を実践(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)