• 本

黒い雨に撃たれて 二つの祖国を生きた日系人家族の物語 上

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7664-2685-4
4-7664-2685-1
税込価格 2,750円
頁数・縦 254P 20cm
シリーズ名 黒い雨に撃たれて

商品内容

要旨

ワシントン州シアトルで、広島県出身の父・克二と母・キヌのあいだに4男1女の次男として生まれたハリーは、父・克二の死後、母キヌと兄弟・姉とともに広島に移住するが、日本に馴染めず、1938年に帰米。ところが、1941年アジア太平洋戦争勃発に伴い、一年後にハリーの後を追って帰米した姉のメアリーとともに、アリゾナ州のヒラ・リバー強制収容所に収監される。一方、ハリーの兄ヴィクターと弟のピアス、フランクは母とともに広島に残った。太平洋戦争前に召集を受けたヴィクターだけでなく、やがて彼ら三人ともが帝国陸軍に召集される運命にあった。日米開戦によって二つの祖国のあいだで身を引き裂かれた日系人の生を描く壮大な歴史絵巻。

目次

1 アメリカに生まれ、二つの文化で育つ(オーバーンの故郷にて
ヒロシマでの束の間の滞在
受難の始まり
大恐慌
象牙色の骨と鉛色の灰)
2 二つの国を漂う(日の出る国
悲しい帰郷
広島にかかる靄
ロサンゼルスでのパニック
グレンデールから広島に流れる沈黙)
3 銃後の戦い(カリフォルニアでの監禁生活
帝国の銃後の人々
アリゾナの砂嵐
ミネソタの穏やかな冬
メアリーの北極星
広島での配給生活とスパイ扱い)

おすすめコメント

米国陸軍大佐であり、著名な言語学者でもあった日系二世ハリー・フクハラ(1920?2015)と、その家族が辿った波乱の生涯を軸に、日米開戦によって二つの祖国の間で身を引き裂かれた日系移民の過酷な運命を、流麗な筆致で描き出す壮大な歴史絵巻。

著者紹介

ロトナー・サカモト,パメラ (ロトナーサカモト,パメラ)   Rotner Sakamoto,Pamela
1962年にノースカロライナ州に生まれる。アマースト大学卒業。1984年に「アーモスト・同志社フェロー」として来日。以降、京都と東京で通算17年間を過ごす。タフツ大学フレッチャー法律外交大学院でPh.D.を取得。長年にわたり米国ホロコースト記念博物館における日本関係のプロジェクトで専門コンサルタントを務めている。2007年にハワイに移住。ハワイ大学と名門私立校プナホウ・スクールで歴史を教える。現在、後者の社会科の責任者を務める
池田 年穂 (イケダ トシホ)  
1950年横浜市生まれ。慶應義塾大学名誉教授。移民史、移民文学なども講じてきた。多数の訳書がある
西川 美樹 (ニシカワ ミキ)  
翻訳家。東京女子大学文理学部英米文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)