• 本

ベ平連とその時代 身ぶりとしての政治

出版社名 有志舎
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-908672-41-5
4-908672-41-5
税込価格 3,080円
頁数・縦 343,6P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ベトナム戦争が激化し、高度成長まっただ中の1965年、ベ平連(ベトナムに平和を!市民連合)は登場した。それまでの社会運動とは違い、デモをしながら道行く人びとにカラフルなビラや花を配り、フォークソングを歌い、反戦スナック・喫茶店を開き、ユニークなミニコミを発行し、自由な発想で、「ふつうの市民」としてそれぞれの主体性を尊重しあい、各地で反戦の声を上げていった。彼ら/彼女らは多様な「身ぶり」を通して日常に新しい政治空間を創造していったのである。このような運動がなぜこの時代に登場し、全国に拡大していったのか。べ平連の思想と行動の意味を現代史のなかから明らかにする。

目次

プロローグ 青空の下で
第1章 ベ平連まで
第2章 ベ平連発足
第3章 「つなぎの運動」から「持続する運動」へ―初期ベ平連の運動
第4章 地域からのベ平連
第5章 脱走兵と七〇年安保
第6章 フォークソングとハンパク―対抗文化運動としてのベ平連
第7章 安保を過ぎて
エピローグ

著者紹介

平井 一臣 (ヒライ カズオミ)  
1958年生まれ。九州大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(法学)。現在、鹿児島大学法文学部教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)