• 本

ボクシング日和

ハルキ文庫 か8−3

出版社名 角川春樹事務所
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7584-4349-4
4-7584-4349-1
税込価格 594円
頁数・縦 180P 16cm

商品内容

要旨

「私は幾度でも、奇跡の目撃者になりたい。そこに物語が生まれるから」―小説家の角田光代さんは、ともかくも心を強くしたいと切望し、二〇〇一年元世界チャンピオンの輪島功一さんが会長をつとめるボクシングジムに入会した。そこから、何度か生の試合を見に行くようになり、ボクシングのファンになった。角田さんは思う。「真の強さとは何かを思わず考えてしまうような試合を見たいものだ」。打たれても打たれても何度でも立ち上がり、懸命に戦う男たちの感動のドラマ。

目次

1(マカオでボクシングを
いつかきっと自慢する
意外に遠い大阪
どうして見にきたのだっけ?
みんな泣いた
気品と洗練
すごいものを見た!
今日でよかった
倒れない人たちもまた
三者三様の実直
ブラッディ・マンデイ
まさかの負傷判定
本物の試合、本物の人気
タオル三昧)
2(あのいつかの輝きを
謝ることなんてない
合計たったの5ラウンド
熱の時間
裏切る体について)

出版社・メーカーコメント

「はじめて生観戦したとき、 私は心の底から驚いて、驚きっぱなしだった」「強い心が奇跡を起こすことはあると思う。でも毎回ではない」「ボクシングは冷徹で残酷だ。でもだからこそ、こんなにもドラマに満ちているのかもしれない」…など、限界まで闘いつづける男たちを、時には熱く時には涙して、温かくみつめた名エッセイ。

著者紹介

角田 光代 (カクタ ミツヨ)  
1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、04年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の〓』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年、『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)