• 本

時間は逆戻りするのか 宇宙から量子まで、可能性のすべて

ブルーバックス B−2143

出版社名 講談社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-06-520210-4
4-06-520210-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 270P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

自然界の多くは対称性をもっているのに、なぜ時間は一方向にしか流れないのか?古来、物理学者たちを悩ませてきた究極の問いに、ホーキング博士の晩年に師事し薫陶をうけた著者が、理論物理学の最新知見を縦横に駆使して答える。量子レベルで観測された時間の逆戻りとは?時間が消えてしまう宇宙モデルとは?読めば時間が逆戻りしそうに思えてくる!

目次

「時間」に目覚めた人類
時間のプロフィール
相対性理論と時間
量子力学と時間
「宿敵」エントロピー
時間は本当に1次元か
量子重力理論と時間
サイクリック宇宙
始まりなき時間を求めて
生命の時間 人間の時間
誰が宇宙を見たのか

おすすめコメント

宇宙のあらゆるものは対称性を持っているのに、なぜ時間は一方向しかないのか? 素朴な疑問から、物理学の大テーマ「時間」に迫る!

著者紹介

高水 裕一 (タカミズ ユウイチ)  
筑波大学計算科学研究センター研究員。1980年東京生まれ。2003年、早稲田大学理工学部物理学科卒業。2007年、同大学大学院博士課程修了、理学博士。2009年、東京大学大学院理学系研究科ビッグバンセンター特任研究員。2012年、京都大学基礎物理学研究所PD特別研究員。2013年、英国ケンブリッジ大学応用数学・理論物理学科理論宇宙論センターに所属し、所長を務めるスティーヴン・ホーキング博士に師事。2016年より現職。専門は宇宙論。近年は機械学習を用いた医学物理学の研究にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)