• 本

昭和40年代北海道の鉄路 懐かしい「昭和の時代」にタイムトリップ! 下巻

根室本線・石北本線・釧網本線と沿線

出版社名 フォト・パブリッシング
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-8021-3169-8
4-8021-3169-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 176P 26cm
シリーズ名 昭和40年代北海道の鉄路

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 根室本線と沿線―根室本線、士幌線、広尾線、池北線、白糠線
第2章 石北本線と沿線―石北本線、相生線
第3章 釧網本線と沿線―釧網本線、標津線、根北線

著者紹介

高木 堯男 (タカギ タカオ)  
1937(昭和12)年東京生まれ。慶應義塾大学工学部卒業後、東京芝浦電機株式会社(現・株式会社東芝)に入社。入社後4年ほど、府中工場にて電気機関車等鉄道車両の試験検査に従事、その後は「縦の交通機関」である昇降機部門に移り、東芝および昇降機関係の財団法人等で昇降機の技術業務を歴任。「乗り鉄」「撮り鉄」が趣味で、機関車が牽く列車を中心に全国各地で撮影。友人・知人の鉄道写真集、鉄道博物館等への写真提供も行っている
牧野 和人 (マキノ カズト)  
1962(昭和37)年、三重県生まれ。写真家。京都工芸繊維大学卒。幼少期より鉄道の撮影に親しむ。平成13年より生業として写真撮影、執筆業に取り組み、撮影会講師等を務める。企業広告、カレンダー、時刻表、旅行誌、趣味誌等に作品を多数発表。臨場感溢れる絵づくりをもっとうに四季の移ろいを求めて全国各地へ出向いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)