• 本

欲が出ました

出版社名 新潮社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-10-352452-6
4-10-352452-9
税込価格 1,100円
頁数・縦 151P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

大人も子どもも、欲の出やすいすべての人へ―絵本作家ヨシタケシンスケの、「深かったり浅かったりする」スケッチ解説エッセイ。欲をまとって、よくできました!しいていうなら、くらしの知恵に。

目次

第1章 家でも外でも、欲が出ました(欲が出た時の顔
人間が午前中にやってしまいたいこと
ニャーウ ほか)
第2章 親子そろって、欲が出ました(期間限定
ハイチュウたべていい?
大きなものを持つと ほか)
第3章 朝から晩まで、欲が出ました(以下のコンテンツを視聴するにはやさしさが必要です
まちがいには2種類ある
わー!イライラしてきた! ほか)

出版社・メーカーコメント

お菓子をもう一個取っていいんじゃない? もうちょっと寝ててもいいんじゃない? 人間って、プチ欲が出たとき、何とも言えなーい顔をする。そんな一瞬を、絵本作家ヨシタケシンスケが、「深く浅く」切り取ってみると……欲が出るから失敗するけど、欲が出るから人間って面白い!?

著者紹介

ヨシタケ シンスケ (ヨシタケ シンスケ)  
1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表。絵本デビュー作『りんごかもしれない』で、第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞、第8回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。『りゆうがあります』で第8回MOE絵本屋さん大賞第1位、『もうぬげない』で第9回MOE絵本屋さん大賞第1位、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞を受賞。『このあと どうしちゃおう』で第51回新風賞を受けるなど数々の賞を受賞し、注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)