• 本

経済で読み解く日本史 文庫版 6

平成時代

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-86410-752-5
4-86410-752-1
税込価格 713円
頁数・縦 302P 15cm
シリーズ名 経済で読み解く日本史

商品内容

要旨

バブル崩壊と「失われた30年」の暗い時代に停滞し、沈んだ日本。日銀と財務省の誤った金融・財政政策が、日本経済を繰り返し破壊した。経済大国の常識は根底から崩れ去り、デフレの長いトンネルとリーマンショックで14万人の自殺者を生んだ正体は「政府・日銀不況」だった。教科書が教えない「経済の掟」、お金の流れが物語る、日本通史シリーズ6。

目次

第1部 バブル崩壊(日銀不況と7つの事件
ターニングポイントとなった1993年
デフレの泥沼)
第2部 日本経済復活への道(度重なる失策と郵政民営化の真実
完全検証!「小泉改革で格差拡大」は本当か
リーマンショックの教訓
悪夢の民主党政権誕生からアベノミクスへ)
平成の終焉

おすすめコメント

累計28.5万部突破の人気シリーズはついに、バブル、震災に揺れた激動の時代『平成』へ突入!!日銀の政策ミスが日本経済を繰り返し破壊した。「平成」を正しく理解した者だけが令和時代を生き残れる!今明かされる「失われた30年」の新事実!

著者紹介

上念 司 (ジョウネン ツカサ)  
1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)