• 本

言語の起源 人類の最も偉大な発明

出版社名 白揚社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-8269-0220-5
4-8269-0220-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 446P 20cm

商品内容

要旨

言葉はなぜ、生まれたのか?ピダハン語の研究で世界を震撼させた、異端の言語学者ダニエル・エヴェレットが、言語学、人類学、考古学、脳科学の知見をもとに言語の起源をめぐる謎に挑む。

目次

第1部 最初のヒト族(ヒト族の登場
化石ハンターたち
ヒト族の分離
みな記号の言語を話す)
第2部 人間の言語への生物学的適応(人類、優れた脳を得る
脳はいかにして言語を可能にするか
脳がうまく働かなくなるとき
舌で話す)
第3部 言語形式の進化(文法はどこから来たか
手で話す
まずまず良いだけ)
第4部 言語の文化的進化(共同体とコミュニケーション)

著者紹介

エヴェレット,ダニエル・L. (エヴェレット,ダニエルL.)   Everett,Daniel L.
言語人類学者。ベントレー大学アーツ&サイエンス部門長。言語をテーマとした著書を数多く発表している
松浦 俊輔 (マツウラ シュンスケ)  
翻訳家、名古屋学芸大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)