• 本

局地戦闘機「雷電」 本土の防空をになった必墜兵器

光人社NF文庫 わ1177

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-7698-3177-8
4-7698-3177-3
税込価格 990円
頁数・縦 352P 16cm

商品内容

要旨

かつての万能機・零戦は、米軍機の性能向上にともなって平凡な存在へとかわり、そのような状況のなか、「雷電」は生み出された。扱いにくいが慣熟した操縦員が調子万全の機体に乗れば、その能力を存分に発揮し、必殺の一撃を与える―高空の超重爆撃機B‐29に立ち向かい、努力と研鑽をかさねた人々の姿を描く。

目次

第1章 局地戦闘機の誕生
第2章 苦難の道のり
第3章 実施部隊へ
第4章 高まる期待
第5章 B‐29との対決
第6章 邀撃戦たけなわ
第7章 終局への四ヵ月

おすすめコメント

わずか1年ほどの活動。米軍機の性能向上により、万能機といわれた零戦に陰りが見えはじめ、戦況は厳しくなる。そういった中で登場した戦闘機。扱いは難しいが慣熟したパイロットが乗れば、上昇力と強力な武装で抜群の能力を発揮した。20ミリ機銃4梃。生産数621機。

著者紹介

渡辺 洋二 (ワタナベ ヨウジ)  
昭和25年(1950年)、名古屋に生まれる。立教大学文学部卒業後、航空雑誌の編集勤務。53年、第2次大戦の軍航空に関する執筆に専念。平成22年(2010年)、職業としての軍航空の著述を終了。以後、余暇を航空史研究にあてる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)