• 本

精神分析の四基本概念 上

岩波文庫 38−603−1

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-00-386016-8
4-00-386016-0
税込価格 858円
頁数・縦 258P 15cm
シリーズ名 精神分析の四基本概念

商品内容

要旨

「フロイトに還れ」を旗印に、二〇世紀の思想界に新たな潮流を生み出したラカン。本書は、三〇年近く続いたセミネールの要となる一九六四年の講義録。「無意識、反復、転移、欲動」の四基本概念について、精緻な議論が繰り広げられる。改訳を経ての初の文庫化。

目次

破門
無意識と反復(フロイトの無意識と我われの無意識
確信の主体について
シニフィアンの網目について
テュケーとオートマトン)
対象αとしての眼差しについて(目と眼差しの分裂
アナモルフォーズ
線と光
絵とは何か)

出版社・メーカーコメント

「フロイトに還れ」を旗印に、二〇世紀の精神分析、思想全般に新しい潮流を生み出したジャック・ラカン。三〇年近くにわたって続けられたセミネールの中でも、転回点を示すものとして名高い一九六四年の講義録。「無意識、反復、転移、欲動」の四つの基本概念について、白熱した議論が繰り広げられる。改訳を経ての初の文庫化。