• 本

名画で学ぶ経済の世界史 国境を越えた勇気と再生の物語

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-8387-3100-8
4-8387-3100-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

神父、軍人、商売人、貴婦人、国王、高級娼婦、画家に画商…レオナルド・ダ・ヴィンチもナポレオンも登場!有名無名の彼らが悩みながら奮闘し、切り拓いてきた世界史の舞台裏へご案内します。

目次

1 ペストと不況から立ち上がったイタリアの物語
2 貧しさを反骨心ではね返したフランドルの物語
3 憎しみを金融パワーに変えたオランダの物語
4 混乱からブランドを生んだフランスの物語
5 反発から新市場を切り拓いたフランスの物語
6 技術革新の不安を乗り越えたイギリスの物語
7 禁欲と強欲から儲けを生んだ新大陸の物語

おすすめコメント

絵画がわかれば、経済の仕組みがわかる。名画にかくされたマネー事情を読み取れ! 会計本としては異例のヒットとなった『会計の世界史』。この本には絵画に絡めたネタが数多くあり、著者のもとには美術関係の講演依頼が多数舞い込んだとのこと。 そんな決算書も読める美術案内人として引っ張りだこの著者が、絵画の背景にある経済&マネーを、時代を追って愉快に解説します。画材や画題が生まれた背景、画家とお金事情、経済が透けて見える絵画鑑賞のコツ、絵画売買とグローバル化の波…など、名画を「美術」ではなく「経済を知るツール」として紹介、現代のビジネスマンにも教養書として役立つ一冊です。 登場する画家:レオナルド・ダ・ヴィンチ、レンブラント、ミレー、ゴッホ、セザンヌなど

著者紹介

田中 靖浩 (タナカ ヤスヒロ)  
田中公認会計事務所所長。1963年生まれ。三重県四日市市出身。早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社勤務などを経て独立開業。ビジネススクール、企業研修などで「笑いが起こる」講師として活躍する一方、落語家・講談師とのコラボイベントを展開するなど、幅広くポップに活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)