• 本

ニッポンの「ざんねん」な鉄道

光文社知恵の森文庫 cの4−3

出版社名 光文社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-334-78790-5
4-334-78790-8
税込価格 990円
頁数・縦 353P 16cm

商品内容

要旨

全国津々浦々に張り巡らされ、安全で清潔、時間も正確な日本の鉄道。しかし利用者や旅行者の目線で見ると「もっと使い勝手がよかったら」、あるいは「こんな車両にグレードアップしてくれたら鉄道旅行が楽しめるのに」という部分がどうしても目に付いてしまう。そんな鉄道好きであるからこそ感じる「ざんねん」を“鉄分たっぷり”に綴る。

目次

第1章 「ざんねん」だからこそ味がある日本の鉄道「なんでも10」(「ざんねん」の王道“不便”で残念な駅
昔日のにぎわいはいずこへ…“栄光は過去に”で残念な路線
何かがずれている“ミスマッチ”で残念な駅・路線
無粋だったり地味だったり…で残念な列車・路線)
第2章 奥が深すぎるおもしろ駅名・列車名の雑学
第3章 やっぱりこれだけは乗っておきたい日本の鉄道ベスト10

出版社・メーカーコメント

日本の乗り鉄の中でまちがいなく3本指に入る著者が、絶景路線、近い将来廃止が予想(または確定)される路線、観光列車、かっこいい車両から、なんらかの理由で残念≠ノなってしまった路線・車両まで、日本の鉄道についてあらゆる角度からベスト10を選定。絶景などはもちろんのこと、残念§H線にもなぜか乗ってみたくなる、鉄道の楽しさ満載の1冊

著者紹介

野田 隆 (ノダ タカシ)  
1952年、名古屋市生まれ。早稲田大学大学院修了。都立高校教諭を早期退職後、フリーで活動。日本旅行作家協会理事。日本やヨーロッパの鉄道旅行を中心とした著作を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)