• 本

大塚康生画集 「ルパン三世」と車と機関車と

出版社名 玄光社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7683-1376-3
4-7683-1376-0
税込価格 3,850円
頁数・縦 159P 28cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「ルパン三世 カリオストロの城」でフィアット500が疾走する名場面!!その原点は、機関車と進駐軍ジープに夢中になった少年時代にあった!アニメ、模型などの各界著名人から贈られた寄稿・色紙30余枚を特別収録!!

目次

1 『ルパン三世』とメカニック
2 ミリタリービークル「16歳の車の画帖」と「ジープ」など
3 モデラー大塚康生
4 機関車少年大塚康生
拝啓 大塚康生さん―ゆかりの方々からメッセージ

出版社・メーカーコメント

『ルパン三世』などに参加し、乗り物メカ作画の第一人者である大塚康生の原点を探る画集が刊行!「ルパン三世」とメカ/ミリタリービーグル/ミニ四駆/機関車の構成により大塚康生のメカニック世界を紐解く1冊。

著者紹介

大塚 康生 (オオツカ ヤスオ)  
1931年7月11日生まれ。島根県出身。57年から、東映動画で日本初の本格カラー長編アニメーション『白蛇伝』、62年には、『わんぱく王子の大蛇退治』などの原画を手掛ける。68年公開『太陽の王子ホルスの大冒険』で作画監督を担当した。その後、東京ムービー、日本アニメーションなどで、『ムーミン』、『ルパン三世』、『未来少年コナン』、『じゃりン子チエ』などの作品を手掛けた。熱心なジープ・マニアであり、軍用自動車研究誌「MILITARY VEHICLE JOURNAL」を、1989年から2000年にかけて自費出版する。タミヤなど模型会社のデザイン監修に協力し、躍動感あふれる名車模型の誕生に貢献した。日本アニメーション協会名誉会員。1998年、第3回アニメーション神戸特別賞受賞。2002年、文化庁長官賞受賞。2008年、東京国際アニメフェア2008第4回功労賞受賞。2019年、第42回日本アカデミー賞協会特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)