• 本

紀伊ノ変

決定版

文春文庫 さ63−136 居眠り磐音 36

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-16-791551-3
4-16-791551-0
税込価格 803円
頁数・縦 349P 16cm
シリーズ名 紀伊ノ変

商品内容

要旨

一面銀世界の紀州姥捨の郷で、磐音とおこんは生まれたばかりの空也を抱き、束の間の安息を得た。だが、郷に住む雑賀衆の生活の糧である丹(水銀)の鉱脈を狙って、田沼意次が動き出す。田沼に従うか否か、紀伊藩内の対立も激化。事態を憂う高野山奥之院副教導・室町光然に助力を乞われた磐音は、隠れ里を守るために立ち上がる!

出版社・メーカーコメント

空也誕生の地・姥捨の郷を救え!一面銀世界の紀州姥捨の郷で、磐音とおこんは生まれたばかりの嫡男・空也を抱き、束の間の安息を得た。だが、郷に暮らす雑賀衆が、生活の糧として守り続けてきた丹(水銀)の鉱脈を狙って、田沼意次が動き出す。田沼に従うか否か--紀伊藩内は、藩論を真っふたつにわけて対立する。事態を憂う高野山奥之院副教導・室町光然に助力を乞われた磐音は、隠れ里を守るために立ち上がる!

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)