• 本

収益性と相続税対策を両立する土地活用の成功法則

出版社名 クロスメディア・パブリッシング
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-295-40436-1
4-295-40436-5
税込価格 1,628円
頁数・縦 247P 19cm

商品内容

要旨

不動産投資のプロが教える、投資理論と幾多の経験から導き出した新しい土地活用の方法。

目次

第1章 なぜ土地オーナーの土地活用はうまくいかないのか
第2章 土地オーナーが知っておきたい、相続税のポイント
第3章 不動産投資のノウハウを活用して、土地活用を成功させる
第4章 賃貸管理を成功させるには、サブリースに頼ってはいけない
第5章 土地活用の成功を実現するために
第6章 事例から学ぶ「相続税対策と収益性の両立」

出版社・メーカーコメント

相続税対策として、安易にアパート・マンションを建ててはいけない!多くの土地オーナーが、相続税をどうするかで悩んでいます。今までは、その対策としてアパート・マンション建築を行い、賃貸経営を行うことが一般的でした。近頃、目先の相続税対策しか考えなかったために、入居見込みのないエリアにも賃貸物件を建築してしまい、経営が立ち行かずに困窮する地主・土地オーナーが急増しています。それは「相続対策の土地活用=アパート・マンション建築」という常識が広まっていることが原因の一つになっているのです。本書では、不動産投資のプロである著者が「建てる」だけではない、所有している土地に合わせた相続税対策と同時に収益を実現する土地活用のノウハウをわかりやすく説明します。あまり知識がない方にも読みやすいように、相続税の基礎知識にも触れながら、ケーススタディを豊富に盛り込み、具体的に記述するよう工夫しました。相続を控えている土地オーナー、土地活用を考えている地主の方々にぜひオススメしたい一冊です。

著者紹介

藤原 正明 (フジワラ マサアキ)  
大和財託株式会社代表取締役CEO。1980年生まれ、岩手県出身。三井不動産レジデンシャル株式会社を経て、ベンチャー企業で実務経験を積む。2013年に大和財託株式会社を設立。東京・大阪で収益不動産を活用した資産運用コンサルティング事業を展開。全国の投資家や土地オーナーの悩みを解決し、絶大な支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)