• 本

剱岳−線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-02-251697-8
4-02-251697-6
税込価格 1,870円
頁数・縦 259P 19cm

商品内容

要旨

剱岳に初登頂したのは誰か?剱岳の山頂で見たかった古代仏具の謎。いつ、誰が、どのルートから登り、何のために置いたのか。ついにその謎が解き明かされる!

目次

点から線へ
剱岳のファーストクライマーを追う
「Z地点」はどこか
立山開山と剱岳
もうひとつの山岳霊場
失われた山の古道を求めて
立山三山をゆく
謎のトンガリ岩
ハゲマンザイへ
推理
時を超えた邂逅
線から面へ

おすすめコメント

岩場が険しく明治まで未踏峰と思われていた剱岳。その山頂で見つかった古代の仏具を置いたのは誰か。登山道具もない時代にどのルートから登れたのか。そしてその目的は? 探検家の橋大輔が、その答えにたどりつくまでの冒険ミステリー。

著者紹介

〓橋 大輔 (タカハシ ダイスケ)  
探検家。1966年秋田市生まれ。「物語を旅する」をテーマに世界各地に伝わる神話、伝説などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求めて旅と著作を重ねる。2005年ナショナルジオグラフィック協会(米国)から支援を受けた国際探検隊を率い、実在したロビンソン・グルーソーの住居跡を発見(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)