• 本

遠い面影

双葉文庫 と−12−60 はぐれ長屋の用心棒

出版社名 双葉社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-575-67011-0
4-575-67011-1
税込価格 671円
頁数・縦 264P 15cm

商品内容

要旨

馴染みの飲み屋、亀楽からの帰路、華町源九郎はならず者に追われていた娘を助ける。おゆきという名のその娘は、柳橋を根城にするヤクザの親分・権蔵から、若女将を務める小料理屋を狙われ、自らも情婦にされんとしているのだった。おゆきの持つ眼差しに亡き妻の面影を見た源九郎は、長屋の仲間たちとともに権蔵の手から彼女を守ることを決意する。大人気時代小説シリーズ、待望の第四十九弾!

出版社・メーカーコメント

……千代に似ている! ならず者たちに追われていた娘を助けた華町源九郎は、その面差しに亡き妻の面影を見た。聞けば、小料理屋を営んでいる娘を妾にしようと、ヤクザの親分がしつこく迫ってくるのだという。源九郎は、はぐれ長屋の住人たちと事態の収拾に乗りだす。大人気シリーズ第49弾!

著者紹介

鳥羽 亮 (トバ リョウ)  
1946年埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。90年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞。自らの剣道体験をもとに、剣豪小説の第一人者となる。著作は300冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)