• 本

ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を精読する 〈内在〉の哲学試論

講談社選書メチエ 730

出版社名 講談社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-06-520834-2
4-06-520834-3
税込価格 3,190円
頁数・縦 605P 19cm

商品内容

要旨

ドゥルーズとガタリによる最後の共著『哲学とは何か』―一見、難解をもって鳴るこの著作の一言一句を、その背景にあるあらゆる哲学史の襞にも分け入って「考古学的に」探査、丹念に、精密に、鮮やかに読み解いた画期的快著。「概念」とは何か、哲学・科学・芸術の創造とは?二人が構想した“内在”の哲学が、いま明らかに―。

目次

序文―問題設定からドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』へいたる経緯について
第1部 ドゥルーズとガタリの「内在」という概念はどのような概念であるのか(主体でも客体でもない「内在」―「内在」はそれ自体のうちにある
ドゥルーズおよびドゥルーズとガタリの著作群における「内在」概念の考古学―その方法と準備
「内在」概念の考古学的探査(1)―第一の閾の最外縁の層としてのドゥルーズ以前 ほか)
第2部 科学、芸術、哲学そして脳(共通的解釈、外的解釈、内的解釈
擬製的創造あるいは創造の逆イデア論的定式
“内在の哲学”の実在概念と擬製的創造についての哲学史的註解―「シミュラークル」、「神の死」、「プラトニスムの転倒」との関係について ほか)
第3部 『哲学とは何か』を読む(第三部の構成
『哲学とは何か』の概要と解釈の大筋
「序論」を読む ほか)

おすすめコメント

ドゥルーズとガタリによる最後の共著『哲学とは何か』という高峰にどうアプローチしたらいいのか。「内在」概念をキイとして精読する

著者紹介

近藤 和敬 (コンドウ カズノリ)  
1979年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。大阪大学博士(人間科学)。現在、鹿児島大学法文教育学域法文学系准教授。専門はフランス現代哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)