• 本

暁花薬殿物語 第4巻

富士見L文庫 さ−1−2−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-04-073777-5
4-04-073777-6
税込価格 682円
頁数・縦 270P 15cm
シリーズ名 暁花薬殿物語

商品内容

要旨

成子の誘拐事件も無事解決し平穏を取り戻した宮廷。だが千古を悩ますことが二つあった。一つは暁上姫・明子が千古の真似事を始めたこと。少しの細工で千古を傲慢に見せ、おかげで陰口さえ噂された。そしてもう一つは帝の噂。新たな后候補を、しかも「鬼女の都」から呼び寄せるという。千古は帝や秋長らとともに偵察へ出向くが、旅路で思いがけず、帝と二人きりで一夜を過ごすことになる。満ち足りた時を過ごした千古を、この先最悪の悲劇が待ち受けているとも知らず―。薬師を目指す平安ファンタジー第四弾!書き下ろし。

おすすめコメント

最愛の幼馴染みに帝。家族同然の仲間に囲まれる千古を襲う最悪の悲劇――。新たな暁上姫・明子の嫉妬に悩まされる頃。信濃の姫が帝の元へ嫁ぐ話が持ち上がる。信濃には「鬼姫」が存在し、帝や秋長とともに、千古は鬼都の偵察へ向かうことに。ところが道中、千古たちを最悪の悲劇が襲う――。