• 本

たった一人のオリンピック

角川新書 K−329

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-04-082386-7
4-04-082386-9
税込価格 990円
頁数・縦 287P 18cm

商品内容

要旨

五輪に人生を翻弄された青年を描き、ノンフィクション作家としての地位を不動のものにした表題作をはじめ、「回れ、風車」(ソフトボール)「ポール・ヴォルター」(棒高跳び)など、五輪にまつわる様々なスポーツの傑作短編を収録。スポーツが持っている多彩な魅力を感じられる作品集。

目次

スタジアムからの贈り物
たった一人のオリンピック
回れ、風車
ポール・ヴォルター
「すまん!」
オリンピックをめぐって
ロウイング、ロウイング
オリンピックの季節

出版社・メーカーコメント

40年前、幻の五輪の物語。『江夏の21球』作者による野球以外の傑作選。五輪に人生を翻弄された青年を描き、山際淳司のノンフィクション作家としての地位を不動のものにした表題作をはじめ、「回れ、風車」「すまん!」など、五輪にまつわる野球以外の傑作短編を収録。解説・石戸諭。

著者紹介

山際 淳司 (ヤマギワ ジュンジ)  
作家。1948年神奈川県生まれ。中央大学法学部卒業後、ライターとして活動。80年「Sports Graphic Number」(文藝春秋)創刊号に掲載された短編ノンフィクション「江夏の21球」で注目を集める。81年同作が収録された『スローカーブを、もう一球』(角川書店)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞。NHKのスポーツキャスターとしても活躍。95年5月29日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)