• 本

帝国の島 琉球・尖閣に対する植民地主義と闘う

出版社名 明石書店
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7503-5042-4
4-7503-5042-7
税込価格 2,860円
頁数・縦 371,9P 19cm

商品内容

要旨

近代日本の学知によって奪われた“琉球”をとりもどす。

目次

1 日本政府はどのように琉球、尖閣諸島を奪ったのか
2 日本帝国のなかの尖閣諸島
3 尖閣諸島における経済的植民地主義
4 サンフランシスコ平和条約体制下の琉球と尖閣諸島
5 日本の軍国主義化の拠点としての尖閣諸島と琉球
6 琉球人遺骨問題と尖閣諸島問題との共通性
7 琉球独立と尖閣諸島問題

著者紹介

松島 泰勝 (マツシマ ヤスカツ)  
龍谷大学経済学部教授。専門は、島嶼経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)