• 本

新田次郎 山の歳時記 続

ヤマケイ文庫

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-635-04891-0
4-635-04891-8
税込価格 968円
頁数・縦 318P 15cm
シリーズ名 新田次郎 山の歳時記

商品内容

要旨

山を舞台に多くの傑作を生み出した作家・新田次郎のエッセー・紀行集。故郷信濃への思い、富士山の人と自然、旅と取材紀行、ヨーロッパ・アルプスの旅、作品論、教育論、日々の随想など、幅広い作品から作家の山岳・自然観、創作の背景をたどる。単行本・全集未収録作品を中心に52篇を収録。

目次

1 故郷信濃
2 富士
3 山を思う
4 旅と取材
5 ヨーロッパ・アルプスを歩く
6 創作を巡って
7 日々の随想

著者紹介

新田 次郎 (ニッタ ジロウ)  
1912年、長野県諏訪郡上諏訪町(現諏訪市)に生まれる。本名藤原寛人。旧制諏訪中学校、無線電信講習所を卒業後、1932年、中央気象台(現気象庁)に入庁。1935年、電機学校卒業。富士山気象レーダー(1965年運用開始)の建設責任者を務めたことで知られる。1956年『強力伝』で、第34回直木賞受賞。1966年、気象庁を退職し、文筆に専念。1974年、「武田信玄ならびに一連の山岳小説に対して」吉川英治文学賞受賞。1979年、紫綬褒章受章。1980年2月、心筋梗塞のため逝去。正五位勲四等旭日小綬章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)