• 本

ハダカデバネズミのひみつ

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-7678-2763-6
4-7678-2763-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

裸・出歯・鼠―魅惑のルックス、がん化耐性、厳しい階級社会、17種の鳴き声、仕事中毒、老化しない…世界の研究者もムチューになる驚異の生態を丸ハダカに。外見も中身も気になりすぎる。謎多き珍獣のふしぎ大解剖BOOK。

目次

VISUAL GALLERY―ハダカデバネズミってどんな動物?
1 知識編1―ハダカデバネズミってどんな動物?(もともと暮らしていた場所は?―生息地と環境
数ある齧歯目の中で近い種は?―分類と近縁種 ほか)
2 知識編2―ハダカデバネズミの特殊な生態(繁殖個体とそれを下支えする個体―真社会性の特徴
トンネル網(ネットワーク)の拡げ方―地下生活の様子 ほか)
3 研究編1―ハダカデバネズミの研究のあゆみ(第一紹介者にも誤解された―種としての発見
研究者2人の出会いで実現―真社会性の発見 ほか)
4 研究編2―ハダカデバネズミを研究する人々(日本初の研究用飼育のあゆみ―黎明期の苦労譚
飼育繁殖にまつわる試行錯誤―軌道に乗るまで ほか)
ハダカデバネズミに会える!日本の施設(埼玉県こども動物自然公園
札幌市円山動物園 ほか)

おすすめコメント

哺乳類最強!? 階級社会・ガン耐性・老化しない…etc ざんねんじゃない驚異の生態を丸ハダカにしちゃいます!   「きゃー、キモイ!でもかわいい…」女性や子どもにアイドル的人気を誇る「ハダカデバネズミ」。  一度見たら忘れられないその風貌はインパクト大ですが…実は生態も謎だらけ。  哺乳類で唯一、老化しない特性を持ち、ガンにも耐性があり、痛みを感じない…など、  人類を救う研究材料としても世界中の研究者から注目されています。  また、土の中での暮らしぶりもフシギだらけ。  女王ネズミ、働きネズミなど階級制の「真社会性」をもち、コミカルな集団生活を送っています。  人類がうらやむ特性を備えるこの謎多き生態は、多くの人の悲鳴と共感を呼ぶこと間違いなし! ハダカデバネズミの研究を手掛ける岡ノ谷一夫先生監修のもと、その知られざる生態から最新研究成果までを丸ハダカに。

著者紹介

岡ノ谷 一夫 (オカノヤ カズオ)  
1959年栃木県生まれ。生物心理学者。東京大学大学院総合文化研究科教授。慶應義塾大学文学部卒業、米国メリーランド大学心理学研究科博士課程修了。千葉大学文学部助教授、理化学研究所チームリーダー等を経て2010年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)