• 本

密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー

創元推理文庫 Mん10−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-488-40061-3
4-488-40061-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 459P 15cm

商品内容

要旨

本格黄金期を代表する作家として、クリスティ、クイーンと並び称されるJ・D・カー(カーター・ディクスン)。2006年、密室と不可能犯罪の巨匠の生誕100年を祝して執筆されたトリビュート作品が、『夜歩く』発表より90年となる2020年に復活する―。真っ向勝負のパスティーシュから奇想に満ちた離れ業まで、多彩なバリエーションの7編で贈るアンソロジー、待望の文庫化。

おすすめコメント

1906年11月30日、アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州に生まれ、アガサ・クリスティ、エラリー・クイーンらとともに本格黄金期を代表する作家として並び称されるJ・D・カー(カーター・ディクスン)。現在でも広く愛される不可能犯罪の巨匠の生誕100年を祝して刊行されたアンソロジーが、デビュー長編『夜歩く』発表より90年にあたる2020年に文庫にて復活。

著者紹介

芦辺 拓 (アシベ タク)  
1958年大阪市生まれ。同志社大学卒。86年「異類五種」(『探偵と怪人のいるホテル』所収)で第2回幻想文学新人賞に佳作入選。90年『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞
桜庭 一樹 (サクラバ カズキ)  
1999年第1回ファミ通えんため大賞に佳作入選。06年刊の『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作部門)を受賞。08年『私の男』で第138回直木賞を受賞
田中 啓文 (タナカ ヒロフミ)  
1962年大阪府生まれ。神戸大学卒。93年『凶の剣士』が第2回ファンタジーロマン大賞に佳作入選、『背徳のレクイエム』と改題のうえ刊行してデビユー。2002年「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で第33回星雲賞(日本短編部門)を受賞。09年「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)を、16年「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」で第47回星雲賞(日本短編部門)を受賞
加賀美 雅之 (カガミ マサユキ)  
1959年千葉県生まれ。公募アンソロジー『本格推理』に作品を発表後、2002年、KAPPA‐ONE登竜門の第1弾に選出された『双月城の惨劇』で長編デビュー。13年逝去
小林 泰三 (コバヤシ ヤスミ)  
1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。98年「海を見る人」が第10回SFマガジン読者賞(国内部門)を受賞。11年刊の『天獄と地国』で、16年『ウルトラマンF』でそれぞれ第43回、第48回星雲賞(日本長編部門)を受賞。また、13年刊の『アリス殺し』で2014年啓文堂書店文芸書大賞を受賞する
鳥飼 否子 (トリカイ ヒウ)  
1960年福岡県生まれ。九州大学卒。出版社勤務を経て、2001年『中空』にて第21回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞し、デビュー。16年『死と砂時計』で第16回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。『昆虫探偵』『本格的』『痙攣的』『樹霊』『天才は忘れる前にやってくる』『パンダ探偵』など異色の本格ミステリを発表、ミステリ界に独自の地位を築いている。また、碇卯人名義でTVドラマ『相棒』のオリジナル小説を発表している
二階堂 黎人 (ニカイドウ レイト)  
1959年東京都生まれ。中央大学卒。90年、“二階堂蘭子”シリーズの第一作となる『吸血の家』が第一回鮎川哲也賞の佳作入選となる。92年、同シリーズの『地獄の道化師』でデビュー。98年に完結した『人狼城の恐怖』(全四巻)は世界最長の推理小説として記録を打ち立てた。“新・本格推理”をはじめとするミステリ・アンソロジーの編纂にも携わる。“水乃サトル”シリーズ、『僕らが愛した手塚治虫』『アイアン・レディ』『巨大幽霊マンモス事件』など著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)