• 本

スパイ教室 03

《忘我》のアネット

富士見ファンタジア文庫 た−16−1−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-04-073740-9
4-04-073740-7
税込価格 737円
頁数・縦 325P 15cm
シリーズ名 スパイ教室

商品内容

要旨

暗殺者『屍』ミッション達成後、四人の少女が失踪した。選抜組のティア・モニカ・エルナ・アネット。クラウスは、リリィを引き連れて行方を追う。遡ること四日前、四人の少女は休暇を満喫していた。記憶喪失で出自不明の少女―アネットが無邪気にはしゃぐ中、彼女たちはある人物と出会う。それはアネットの母。感動の再会に盛り上がる一同。しかし、それはチームを分断する残酷な運命のはじまりで…『戦慄するような邪悪を感じるんだ』『真の邪悪とは常に善人の顔をしている』『存在自体が間違っている圧倒的な悪だ』チーム最大の危機に、クラウスは間に合うことができるのか。

おすすめコメント

失踪した4人の少女。最悪の結末は――。暗殺者《屍》の任務後、選抜組の少女たちが出会ったのは、記憶喪失で出自不明の少女――アネットの母。感動の再会に盛り上がる一同だが、それはチームを分断する残酷な運命のはじまりだった。