• 本

番号は謎

新潮新書 873

出版社名 新潮社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-10-610873-0
4-10-610873-9
税込価格 858円
頁数・縦 235P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

2020年9月にマイナンバーカード連動の「マイナポイント」事業が始まった。それにより、マイナンバーという国民全員に付与された「番号」を意識する人が前より増えるかもしれない。そして世の中には、それ以外にも無数の「番号」がある。ここで普段意識しない「番号」に改めて注目してみてはどうだろうか。本書では、電話番号や郵便番号、車のナンバープレート、駅のホームや国道、地名や住所、スポーツ選手の背番号から原子番号まで、私たちを取り巻くさまざまな「番号」に着目。それぞれにまつわるエピソードや、知られざる雑学知識などを紹介しながら、「番号」とそれに対する人々の意識の本質に迫っている。番号の多くは、整理や管理のためのものであり、つけられた対象物の「意味」をはぎ取る性質がある。だが一方で、野球やサッカー選手の背番号のように、逆に特別な意味やこだわりを生じさせるものでもある。著者は医薬品メーカーの研究職等を経て、現在はサイエンスライター。2010年に『医薬品クライシス』で科学ジャーナリスト賞を受賞している。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2020年9月29日]

商品内容

要旨

郵便番号はどう決まる?国道100号が存在しない理由は?M78星雲ってどこだ?交響曲マイナス1番とは?上野駅13・5番線はどこへ向かう?バーコード、ISBN、原子番号、テレビチャンネル、マイナンバー…私たちを取り囲む数々の番号の起源から裏事情までを徹底調査。そこには混沌と秩序をめぐる驚くべき人間ドラマが―その魅力に取り憑かれた著者が案内する、面白くてためになる「番号」の世界!

目次

一〇桁は田舎者の象徴?―電話番号
不思議な順序にはわけがある―郵便番号
混沌と抗争のナンバー史―自動車のナンバープレート
魔境を照らす一筋の光―鉄道にまつわる番号
国道100号が存在しないわけ―道路にまつわる番号
番号界の絶滅危惧種―ナンバー銀行
プライドと序列意識の間で―ナンバースクール
「四戸」はどこへ消えた?―地名と番地
選手が背負うもう一つの顔―野球の背番号
神様は10番がお好き―サッカーの背番号
サーキットに散った伝説の27番―F1レース
腱鞘炎を防いだ縞模様―バーコード
情報のいたちごっこは続く―図書分類
数字に現れた出版業界の勢力図―ISBN
無限に挑んだ男たち―天体の番号
空き番号に潜むドラマ―欠番
目には見えない神の数字―原子番号
交響曲マイナス1番を書いたのは?―音楽
視聴率はチャンネル番号で決まる?―テレビチャンネル
ウィンドウズ8は6・2―バージョン番号
文化と見栄とプライドと―型番
「究極の番号」は問題山積―マイナンバー

出版社・メーカーコメント

郵便番号はどう決まる? 国道100号が存在しない理由は? M78星雲ってどこだ? 交響曲マイナス1番とは? 上野駅13・5番線はどこへ向かう? バーコード、ISBN、原子番号、テレビチャンネル、マイナンバー……私たちを取り囲む数々の番号の起源から裏事情までを徹底調査。そこには混沌と秩序をめぐる驚くべき人間ドラマが--その魅力に取り憑かれた著者が案内する、面白くてためになる「番号」の世界!

著者紹介

佐藤 健太郎 (サトウ ケンタロウ)  
1970(昭和45)年、兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。医薬品メーカーの研究職等を経て、現在はサイエンスライター。2010年、『医薬品クライシス』で科学ジャーナリスト賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)