• 本

川島隆太教授の脳力を鍛える昭和思い出し100日パズル

出版社名 宝島社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-299-00803-9
4-299-00803-0
税込価格 814円
頁数・縦 157P 26cm

商品内容

要旨

昔を思い出す行為が脳を活性化させる!楽しく解いて脳を元気に。

目次

脳のしくみ―もっとも重要な役割をしているのが前頭葉にある「前頭前野」
パズルの種類・効果
『昭和思い出し100日パズル』で効果をあげるためのポイント5
本書の使い方
問題
解答
「自分史年表」を作ろう 記入のしかた
「自分史年表」を作ろう
自分へのQ&A

おすすめコメント

敗戦、高度経済成長の時代、バブルと続く黄金の昭和時代をテーマにしたパズル本です。本書には、昭和まちがいさがしや昭和のテレビ番組をテーマにしたクロスワード、昭和の大ヒット曲、映画などの文字並び替えクイズなど、懐かしさに浸れる問題をたっぷり100日分掲載。「懐かしさ」を回想しながら問題を解くことで、脳が活性化するのです。脳トレ問題×懐かしさで、楽しく脳を若返らせ、いつまでも生き生きと過ごしましょう!

著者紹介

川島 隆太 (カワシマ リュウタ)  
東北大学教授・医学博士。1959年、千葉県生まれ。東北大学医学部卒業後、同大学院医学研究科修了。スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学加齢医学研究所助手、同専任講師を経て、現在、同大学加齢医学研究所所長。スマート・エイジング学際重点研究センター、応用脳科学研究分野、認知機能発達寄附研究部門教授。著書・監修書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)