• 本

道教思想10講

岩波新書 新赤版 1848

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-00-431848-4
4-00-431848-3
税込価格 946円
頁数・縦 222,15P 18cm

商品内容

要旨

老子の「道」の思想を起点に、古代神仙思想、後漢末の太平道と五斗米道、六朝知識人の修養法など、さまざまな思想・運動をとりこみながら形成された道教。その哲学と教理を、「気」の生命観、宇宙論、救済思想、倫理・社会思想、仏教との関わり、日本への影響などの論点からとらえる。丁寧なテキスト読解に基づく総合的入門書。

目次

第1講 道教の始まりと展開
第2講 「道」の思想―通奏低音としての『老子』
第3講 生命観―気、こころ、からだ
第4講 宇宙論―目に見える世界を超えて
第5講 神格と救済思想―自己救済から他者救済へ
第6講 修養論―内丹への道
第7講 倫理と社会思想―政治哲学としての道教
第8講 道教と仏教―三教並存社会のなかで
第9講 道教と文学・芸術
第10講 道教と日本文化

出版社・メーカーコメント

老子の「道」の思想を起点に、古代神仙思想、後漢末の太平道と五斗米道、六朝知識人の修養法など、さまざまな思想・運動をとりこみながら形成された道教。その哲学と教理を、「気」の生命観、宇宙論、救済思想、倫理・社会思想、仏教との関わり、日本への影響などの論点からとらえる。丁寧なテキスト読解に基づく総合的入門書。

著者紹介

神塚 淑子 (カミツカ ヨシコ)  
1953年兵庫県生まれ。1979年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。博士(文学)。専門は中国思想史。現在、名古屋大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)