• 本

面白いほどわかる!クラシック入門

出版社名 青弓社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-7872-7434-2
4-7872-7434-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 166P 19cm

商品内容

要旨

「まずは交響曲!ナニがナンでも交響曲!」「肩の力を抜いて、気軽に楽しんで!」と解説する。自分の少年時代からの経験を語りながら、楽しく、面白く、クラシックの魅力に導く「世界でいちばんやさしい!14歳から大人までの入門書」。

目次

第1章 交響曲の旅路その1―誰もが知っている作曲家たち(そもそもどうして交響曲?
『運命』にたたきのめされる
そして『未完成』から始まる ほか)
第2章 交響曲を書かなかった作曲家たち(交響曲とは?そして交響曲を書かなかった作曲家
まだ交響曲がなかった
作ろうと思わなかった ほか)
第3章 交響曲の旅路その2―誰もが知っているわけではない作曲家たち(独りよがりの変態的な復讐心と浅はかな狂気―ベルリオーズ
世の中の苦しさを全部ひっくるめてドカーンと解き放つ一大花火―サン=サーンス
正座して襟を正して聴かなければいけない―フランク ほか)

出版社・メーカーコメント

クラシックの大作曲家の多くが書いている交響曲を聴いて、大作曲家の歩みを追えばクラシックの魅力と歴史はすぐにわかる。「ピアノ曲はよく聴くけど、交響曲なんて聴いたことないよ」と尻込みしないで、交響曲の世界を大枠で把握しておけば、協奏曲や室内楽作品、ピアノ曲や声楽・オペラ作品、そしてバロック、ルネサンスの音楽、はては現代音楽までを理解する基本をすべて押さえることができる。 「まずは交響曲! ナニがナンでも交響曲!」と言い切る著者は輸入CDを販売したり絶版の名盤を復刻したりするクラシック音楽業界の有名人。その指南役が、「聴いたことがなくても大丈夫。この本を読んで興味をもてば大丈夫。この本を読んで聴きたくなればいい。そして面白そうなものから聴いちゃえばいい」と、「肩の力を抜いて、気楽に楽しんで!」と解説していく。自分の12歳からの経験を語りながら、これまでにはない切り口で、楽しく、おもしろく、クラシックの魅力に導く〈世界でいちばんやさしい、14歳から大人までの入門書〉。

著者紹介

松本 大輔 (マツモト ダイスケ)  
1965年、愛媛県生まれ。WAVE、HMVのクラシックバイヤー、店長を経て独立。アリアCD店主として現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)