• 本

世界は幾何学で作られている

出版社名 柏書房
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-7601-5258-2
4-7601-5258-X
税込価格 3,740円
頁数・縦 367P 20cm

商品内容

要旨

いちばん重要なものは幾何学だった。それは王の権威を絶対とする秩序から始まり、現代の都市に埋め込まれた統治の爪痕でもある。ヴェルサイユ、ロンドン、サンクトペテルブルク、ベルリン、サイゴン、ニューデリー、マニラからワシントンDCに存在する痕跡を証明する。

目次

序論
第1部 いかにして世界は幾何学的になったか(鏡に映った像
幾何学の法)
第2部 エウクレイデスの王国(王の幾何学模様
王の帰還
王の庭)
第3部 太陽王の趣向(ヴェルサイユを超えて
エウクレイデスの共和国)
結論 非ユークリッド世界

著者紹介

アレクサンダー,アミーア (アレクサンダー,アミーア)   Alexander,Amir
カリフォルニア大学ロサンゼルス校で歴史を教える。ニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズに寄稿し、ネイチャー誌やガーディアン誌、ナショナル・パブリック・ラジオなどでも紹介されている。カリフォルニア州ロサンゼルス在住
松浦 俊輔 (マツウラ シュンスケ)  
翻訳家、名古屋学芸大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)