• 本

グローバル経済の歴史

有斐閣アルマ Basic

出版社名 有斐閣
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-641-22148-2
4-641-22148-0
税込価格 3,080円
頁数・縦 412P 19cm

商品内容

要旨

地球規模の交流や相互依存関係が深まり、私たちは世界の一体化を実感する時代を生きている。それはどのような世界から生まれ、どのように始まり、どのように広がっていったのか、そしてどこへ向かうのか、歴史から学ぶ。

目次

グローバル化と経済史
第1部 前・近代の経済―グローバル化へのあゆみ(グローバル化以前の世界(〜15世紀)―多様な経済
グローバル化の開始(16世紀)―経済発展と近世国家
危機の時代(17世紀)―グローバル化の新展開
近世経済の成立(18世紀)―世界貿易の拡大と多様な世界)
第2部 長い19世紀―グローバル経済の成立(工業化の開始と普及―機械制生産の広がり
ヒト・モノ・カネの移動の拡大と制度的枠組みの変化―グローバル化のインフラストラクチュア
植民地体制の変容とラテンアメリカ、アジア―自由貿易体制の世界的拡大
工業化の新しい波と世界大戦―新興国の台頭と国際秩序の変化)
第3部 停滞から再始動へ―グローバル化の新たな展開(世界大恐慌とグローバル化の停滞―両大戦間期の世界経済
再始動するグローバル化―自由貿易体制の再建と金融グローバル化
グローバル化と開発―自由貿易体制とどう向き合うのか?
加速するグローバル化)
グローバル化の行方

著者紹介

河〓 信樹 (カワサキ ノブキ)  
研究テーマ:アメリカ経済史。現在、関西大学政策創造学部教授
村上 衛 (ムラカミ エイ)  
研究テーマ:中国近代社会経済史。現在、京都大学人文科学研究所准教授
山本 千映 (ヤマモト チアキ)  
研究テーマ:イギリス経済史。現在、大阪大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)