• 本

藤沢周平遺された手帳

文春文庫 ふ1−97

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-16-791568-1
4-16-791568-5
税込価格 770円
頁数・縦 279P 16cm

商品内容

要旨

口数の少ない父が遺した小さな黒い手帳と三冊の大学ノート。そこには子供の誕生、妻の死、鬱屈する日々を経て、「藤沢周平」となるまでの苦闘の足跡が綴られていた。なぜ父は小説を書き続けたのか。自分はどのように生まれ、育てられたのか―。没後二十年を契機に愛娘が読み解き、明らかにされた作家の心の声。

目次

1(私、産まれる
親子三人
小説を書かねばならない
新しい年
オール讀物新人賞応募
仕事と子育て
父の子守歌)
2(金山町雑記
二足のわらじ
直木賞受賞
専業作家となる
小説の転機
徹底して美文を削り落とす)

著者紹介

遠藤 展子 (エンドウ ノブコ)  
昭和38(1963)年、藤沢周平(本名・小菅留治)の長女として、東京に生れる。西武百貨店書籍部に勤務ののち、88年に遠藤崇寿と結婚。現在は藤沢周平にかかわる仕事に携わっている。エッセイストとしても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)